ミニマリスト

1年間続けた「1日2食生活」をやめてたった1ヶ月で元の生活に戻した話

1年間続けていた1日2食生活やめました。そして今日、1日2食生活をやめたことをやめました。

つまり、また「1日2食生活」に戻しました

今回はその理由を正直に語っていきます。

1日2食生活は本当に体に悪いのか?1年かけて検証した結果

1日2食生活と聞くと、おそらく多くの方が

「不健康」
「身体によくない」
「無理なダイエット」

など、よくないイメージを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、僕の主張はまったく逆です。

むしろ、1日3食は食べ過ぎ。現代人は内蔵を酷使しすぎ。

『食べる量を減らせば、きっと身体的にも精神的にも調子が良くなるはず』

根拠もなくこんなことを主張するのもどうかと思ったので、自分の身体を実験台に、さっそくこの仮説を検証してみました。

実験期間は1年間。1日3食の生活に別れを告げ、1日2食生活を続けること1年が経過しました。

驚くべきことに、身体に多くのよい変化が訪れ、精神的にも調子がよくなったのです。

よい変化まとめ

  • 肌が綺麗になった
  • 睡眠の質が向上した
  • 朝スムーズに起きられるようになった

人間が食べ物を完全に消化しきるまで約18時間かかる

人は、胃袋にあるものを完全に消化するまでに少なくとも18時間はかかる──長いときには72時間──と言われています。

腸の長さには個人差があったり、食べ物に消化時間がちがったりするので、これほどまでに時間の幅が大きいんですね。

参考までに、消化時間が早い食べ物、遅い食べ物を一部引用します。

  • 炭水化物(ご飯・パン・うどん等):2~3時間
  • タンパク質(卵・刺し身・牛肉):4時間前後
  • 脂質が多いもの(天ぷら・ステーキ等):4時間以上

1日3食の場合、食べ物を完全に消化を終えるまでに必要な時間が取れず、胃腸が常に働いている状態になります。

つまり、フル稼働です。ブラック企業です。

「死ぬまで休まない人」と「毎日休む人」──どっちが長生きするかは一目瞭然ですよね。

なぜ1年間続けた「1日2食生活」をやめたのか?

端的に言えば、痩せ過ぎました。1日2食の生活をやめれば、憧れの筋☆肉が手に入ると思ったんです。

単純に「痩せ過ぎた」から

これまで約1年間「1日2食生活」を続けてきて、心身ともによい変化が現れたことは事実です。

生活がシンプルになり、身体と肌の調子もよくなり、アレルギー症状すらも和らいだり、といいことづくめだったんですよね。

しかし、同時にデメリットも見えてきました。

みるみるうちに体重が減っていき、頬は痩せこけ、久々にあった友人からはリアルに病気かと疑われるほど。

要するに痩せすぎたわけですね。

自分ではあまり気づかないものの、やはり周りから心配されはじめると不安になってくるんですよね、これが。

まあ、病気がちの草食系男子路線で自分を売り込んでいくのも面白そうですが、きっともう少し体に肉をつけたほうが周りから心配されずに済みそうです。

詳しくは1年間続けていた1日2食生活をやめた理由で書いています。

1年間続けた「1日2食生活」を今日でやめることにした理由

続きを見る

プロテインとサプリメントは引き続き摂取中

生活スタイルを「1日2食生活」に戻したものの、この1ヶ月で新たに取り入れた習慣はそのままでいきます。

現在、僕が摂取しているものは以下の通り。

エビオス錠で腸内を整えつつ、サプリメントとプロテインでしっかり栄養補給、と。

食事のスタイルについて

基本的に朝は食べません。食べるとしても、バナナ1本と野菜ジュースぐらいですね。

そのあとは、サプリメントとエビオス錠をプロテインでガッと流し込む。これがだいたい8:00 - 10:00ぐらい。

12:00 - 14:00ごろに昼食。前日の夕食がだいたい22:00ごろなので、そこから計算すると時間の間隔が不十分──14時間ほど──ですが、ここは仕方ありません。

夕食は18:00 - 19:00ごろ。寝る3時間前からは食事をしないほうが体がグッスリ休まるとのことです。そして、寝る前にプロテインでゴール。

ポイントとしては、腹八分目を徹底し、間食は極力しない、毎食後はエビオス錠を摂取といったところですね。

最近は、ついつい食べ過ぎてしまうことが多いのでその点は気をつけたいです。

理想の食事スタイル

理想の流れは以下の通りです。

  1. 18:00-19:00:夕食+エビオス錠
  2. 就寝前:プロテイン
  3. 23:00-00:00:就寝
  4. 0600-08:00:起床+バナナ&野菜ジュース
  5. 起床後:プロテイン&サプリメント&エビオス錠
  6. 12:00-14:00:昼食+エビオス錠
  7. 以下ループ

まとめ

やっぱりシンプルが一番ですね。人間、そんなに食べなくても大丈夫です、きっと。

最近特に思うんですよね。食べることが「作業」みたいになってきているなあ、と。

腹が減っていなくても食べる。暇だからなんとなく食べる。いつも食べている時間だから食べる。

これじゃあ、体にいいはずがありませんよね。まあ、なんだかんだこの生活スタイルが自分に合っていると思うので、これからも「1日2食生活」を続けていくつもりです。

追記:1日2食生活をはじめて6年が経ちました

1日2食の生活をはじめて、すでに6年が経過しました。現在も朝食はバナナと野菜ジュース(もしくはコーヒー)のみ、サプリメントで栄養の不足を補っています。

プロテインとエビオス錠はやめてしまったものの、亜鉛とマルチビタミンだけは飲み続けています。

詳しくは 1日2食健康法は嘘なのか?6年間朝食抜きで効果を検証した結果まとめで書いています。

1日2食健康法は嘘なのか?7年間朝食抜きで効果を検証した結果まとめ

続きを見る


  • この記事を書いた人

あめぎ

「とりあえずやってみる」をテーマに、ゆるく生きていくための情報を発信しています。バンドマン→ブロガー→自転車日本縦断→セブ島留学→フィリピン移住→海外起業→アメリカ大陸横断→富士山登頂→引きこもり→うつ病&PTSD。詳細プロフィールはコチラ

-ミニマリスト